写真家「やままりも」こと 山本まりこ の徒然日記です
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カメラ女子のお祭り、始まるよ〜 ☆CAMERAND明日開催 | main | 写真の教室をつくりました。定期レッスンはじめますよ〜 >>
CAMERAND2014☆ありがとうございました



CAMERAND〜横浜ガールズフォトフェスタ2014〜が終了しました。
たくさんのみなさんにお越しいただきました。
2日間で約1000人の方にお越しいただきました。
本当に、本当にありがとうございました。




CAMERANDが終わって3日が過ぎ去ろうとしています。
本当はすぐにブログでお礼とご報告をしたかったのですが、心がそこに追いつかず今日になりました。

心が追いつかない、
というのも、
なんと言いますか、、、
あまりにもこのイベントに対する思い入れが強かったので、終了して燃え尽きてしまい、すぐに言葉を書く事ができませんでした。

何事もなく当日を乗り切れた安堵感とか、
終わってしまったという事実を受け入れなければならない虚無感のようなものに包まれていて、書けませんでした。
やっとやっと現実に向き合うことができる気持ちになったのでこれを書いています。





当日はカメラ女子男子のキラキラした笑顔にたくさん会えました。
それを楽しみにずっと準備をしてきたので、本当に嬉しかったです。
中には新幹線や飛行機で駆けつけてくれた子もいたりと、全国からこのイベントを楽しみにしてくれていた人達が集まってくれました。

みんなが真剣にトークショーを聞いていたり、
ワークショップで素敵な写真を撮っていたり、
フォトコンの写真を眺めていたり、
久しぶりの写真の仲間に会って楽しそうにしていたり、
お買い物を楽しそうにしていたり、
楽しかったとか、一日滞在しちゃったとかニコニコ言ってくれたり、
そんな姿を見ているのが本当に幸せでした。
なんだか、一秒一秒が幸せでじーんとしてしまっていました。



当日の会場の様子です。(撮影:舛本清香、水越智賀子)
 1F会場の様子 フォトコン展示会場の様子 キャメラびとトークショー 3Fトークショー会場 3F物販エリア
 中には新幹線や飛行機で駆けつけてくれた子も

主催者ながら、本当に幸せな2日間を過ごさせていただきました。
本当に
本当にありがとうございました。







もともとCAMERANDというイベントを開催するまでは長い道のりがありました。

私の心の中には、
「カメラ女子の写真をもっと盛り上げたい」
「フォトコンテストを開催してカメラ女子の写真に賞をあげたい」
という野望がありました。
だって、ふんわりした写真、かわいい写真、ゆるかわな写真、ハイキーな写真、エアリーな写真、、、と言われるカメラ女子が好きな写真は、露出、ホワイトバランス、写真の柔らかさ、構図、レンズ選びなど、たくさんの技術が必要な写真です。
でも、世の中の一般的な意見では「カメラ女子の写真でしょ」「ハイキーな写真ね」という言葉でくくられてしまいがち。
なんとかそれを脱出させていきたいという意見に、きょん♪さんとむらいさちさんが賛同してくれました。
そして、「キャメラびと」というユニットを結成してフォトコンテストを開催するところに向かって動き出し始めました。

そして、カメラ女子の写真が輝くフォトコンテストを開催するには素敵な会場が必要ということで、
今回の会場でもあるヨコハマ創造都市センターにロケハンに行きました。
その時に光り輝くあまりにも素敵な会場を見て、
「ここしかない!カメラ女子の写真が輝く場所はここしかない」と確信しました。
でも、会場代などがとても高くてフォトコンだけでは払いきれないどうしようということで、
「それならば企業様に出展してもらうイベントを開催しよう」ということになりました。

そこで、手作りの企画書をカメラメーカー様などに持っていき、説明し、賛同してくださった企業様が出展してくれることになりました。
企業のみなさま、私たちを信じて出展してくださり本当にありがとうございました。
そして、去年初めてCAMERANDが開催されることになりました。
去年は約900名の方にお越しいただき、今年は約1000人にお越しいただきました。
ありがとうございました。




そして、
このイベントを開催するにあたり、
イベントに共感してくれたたくさんのスタッフに協力してもらいました。
今年は総勢約50名ほどのスタッフが支えてくれました。
ほぼ私たち3人のファンのみんなで、日頃から支えてくれているみんなです。
声をかけたらすぐに「協力します!」とみんな笑顔で支えてくれました。
本当にありがとう。

特にスタッフリーダーの5名は本当に頑張ってくれました。
スタッフリーダーのきくちくみこちゃん、
樋口志保子ちゃん、
横川裕美ちゃん、
堀田紗矢ちゃん、
松本千恵ちゃん、ありがとう!
毎日毎日、自分の仕事が終わってからみんなが夜遅くまで準備してくれたのには感謝してもしきれないくらいの気持ちでいっぱいです。
何もできないキャメラびとを支えてくれてありがとう。

当日支えてくれたスタッフのみんなもありがとう。
安心してトークをしたり、講義をしたりできたのは、みんながいたからです。
本当にありがとう。らぶー♡

そして、キャメラびとのきょん♪さん、むらいさちさん、
いつも支えてくれているプロデューサーのりゅうぴ、加藤マキ子ちゃん、
みんながいたからこそ実現したイベントだったね。
今回だけではなくて、いつも本当にありがとう。





大変だった準備を忘れるくらい和やかにイベントは進み、
最後のフォトコンテストの審査発表のとき、
受賞したみんなの名前が発表されて壇上に上がって喜んでいる姿を見たら、
嬉しくて、嬉しすぎて、もう、涙が止まりませんでした。

その後もイベントが終わって搬出になっても涙が止まらなくて、鼻水も止まらなくて、顔がぐしゃぐしゃになって、
そのままメーカーのみなさんにご挨拶に行ったら「顔すごいよ。顔やばいよ。」と笑われました。
翌日は声がガラガラ、微熱まで出てしまいました。笑

でも、ホントに心から嬉しかった。
受賞したみんな、本当におめでとう。
これからのカメラ女子界を支える人なって欲しいです。
受賞できなかったみんなも、受賞した友達に「おめでとう」って言える人であって欲しいです。
人の幸せを心から祝福できる人に、幸せは舞い降りてくるんじゃないかと思う。
だから、私は友人が頑張っている姿を見たり、素敵な結果を出したとき、「もっといけ〜!」と心の中で叫んでいます。
友人が頑張れば私の刺激になるから。その刺激は私を頑張らせてくれるはずだから。






そんなこんなでいろいろありましたが、お日様は上ってきて次の日が来て。
私も次に向かって進まなくちゃ。

本当に幸せな二日間でした。
ありがとうございました。



そう。
ずんずんいこー!





 ★_________________________________________________★
『twitterでつぶやいています』
つぶやくのは、お仕事のこと、撮影のこと、美味しいこと♪
follow me♡→

『facebookでもつぶやいています』
ツイッターよりもつぶやいています。フォローしてね♪
facebook→
★_________________________________________________★



★_________________________________________________★

な、な、なんと、
先日お知らせした新著書「エアリーフォトの撮り方レシピ」が、お知らせ当日、

amazon「写真技術」カテゴリーで1位に!
ひとつ上のカテゴリー「写真」でも1位に!
そのひとつ上のカテゴリー「アート・建築・デザイン」では二位に!


みなさん、ありがとう~ 泣&嬉&泣




「エアリーフォトの撮り方レシピ」(玄光社)→

★_________________________________________________★ 

 

JUGEMテーマ:写真